汚れを掃除して錆などを防ごう!

機械式時計は繊細な部品を精緻に組み立てたムーブメントと言う装置によって時を刻んでいます。このため外部の環境に影響を受け易く、取り扱う際には十分注意しましょう。機械式時計のケースはステンレス製であったりと、錆に強いマテリアルですが、絶対に錆付かない訳ではありません。日頃使用していれば、汗や皮脂、埃や水分などが付着するのは当然です。ケースに付着した汚れが、経年を経て劣化したパッキンの隙間などからケース内部に侵入することも考えられます。大きな弊害を避けるためにも、日常のメンテナンスは有効です。使用後は拭き掃除をし、時々は歯ブラシなどを利用して丁寧に汚れを取り除きましょう。

磁気製品から機械式時計を守ろう!

機械式時計はゼンマイが解けるエネルギーを利用して運針する時計です。ごく繊細な金属部品が一定の運動をして精度が保たれていますが、この金属部品が磁気を帯び易いと言う性質を持っています。金属部品が磁気の影響を受けると機械式時計は精度を保てなくなるため、日常生活で身近にある磁気製品には注意しましょう。テレビやオーディオの他に、電子レンジや電気シェーバーなど生活の中で良く使われる電化製品の近くには機械式時計は置かないようにし、スマートフォンやパソコンなどを利用の際は時計を外して置くと良いです。

水分やお湯には要注意!

防水性能が優れている機械式時計を使用している場合も水の取り扱いには注意したいです。例えば、防水機能があってもお湯には弱いのが一般的です。ダイバーズウォッチだからと腕に装着したまま入浴すれば、湯温が影響しケース内部の潤滑油が流れてしまう弊害が起きます。また冷水から温水に浸けるなど、温度変化が急激に起こると機械式時計には影響が出るため、プール後のシャワーなどには注意が必要です。機械式時計の修理内容では水によるトラブルが多いとされます。暮らしの中で水を使用する場面は多いため十分注意すべきポイントでしょう。

パテックフィリップの腕時計は操作性がいいと好評で、多くの人に選ばれ利用されています。ケースは鍛造で、非常に美しいと好評です。