まずは加入できるかチェック

動物の医療も年々技術が進歩していて、ペットの平均寿命も延びていますよね。愛玩動物としてペットを飼う事態は終わり、もはやペットは家族同然の存在です。もし病気になったり何等かのトラブルが起こった場合、出来る限りの事はしてあげたいですよね。空前のペットブームの中で、注目を集めているのがペット保険です。ペット保険に加入していれば、病気になった時などに保証を受けられますよ。ただ、ペット保険の数は多いので、どこを選べば良いか分からない・・という方も多いと思います。ペット保険に加入する際は、加入条件を満たしているかチェックしてみましょう!ペットの種類、年齢などの条件をクリアしないと、加入できないペット保険がほとんどです。

補償内容をチェックしよう

ペットが年齢などの加入条件を満たしていたら、今度は補償内容をチェックしてみましょう。例えば通院補償1つとっても、1日に支払える限度額、1ヶ月に支払える限度額、1年間に支払える限度額に違いがあるんですよ。通院補償だけでなく入院補償や手術補償などもあります。まずは補償内容をチェックする事が、ペット保険選びの第一歩です。補償内容と毎月の支払金額などを考慮して、自分のペットに合ったペット保険を選びましょう。

ペットの健康状態も必ずチェック

ペット保険を選ぶ際、どんな補償があるか保険料はどのくらいかなど、ペット保険の内容にばかり目が行ってしまいがちですよね。でもペット保険に加入する時は、ペットの健康状態もチェックしていなければいけません。悪性の腫瘍やウイルス性の疾患、糖尿病といった持病がある場合、ペット保険によっては加入できない事があるんです。もし、持病があったり以前、何かしらの病気をした事があるペットの場合は、病歴で加入できるかどうかを調べましょう。

保険会社によって多少の違いはありますが、ペット保険に加入出来る動物は基本的に犬と猫のみです。フェレットやうさぎ、ハムスターや蛇などを対象している保険は数少ないのが実状です。